競馬の歴史

「スポーツオブキングス」
この言葉を聞いて何を指しているかおわかりでしょうか。
実は、これ、競馬の別名なのです。
現在は、競馬=ギャンブルというイメージが強いですが、もともとはスポーツであり、音楽、文学などの主題になるようなものでした。

 

馬の速さを競わせるということは、世界各国昔から共通のことのようです。
農耕が中心であった時代には、馬はなくてはならない存在であり、昔から人間がそばに置いてきた動物ですからね。
その速さを競わせようというのは、理解できるような気がします。

 

最も古いとされているのは、紀元前12世紀のギリシャ競馬。
東ローマでは、国家をあげて大々的に競馬を行っていたようです。
近代競馬は、イングランドで16世紀にはじまりました。
17世紀には、フランスやアイルランドに広まり、その後ドイツやイタリア、アメリカなどなど様々な国に波及していきました。
19世紀から現代に至るまで、英国では上流階級の社交場という形で競馬場が使われているのです。

 

日本では「競馬(くらべうま)」があったと、平安時代の文献に記されており、その後、文久元年に、競馬が行われるようになったと伝えられています。
春と秋に、根岸の競馬場で競馬が行われました。
明治時代と、太平洋戦争中は、馬券の発売が禁止されています。
戦後になって、特殊法人日本中央競馬協会(JRA)が発足し、現代に続いているというのが日本の競馬の歴史です。

 

日本ではギャンブルのイメージが強い競馬も、所変われば上流階級の社交場になってしまうのですね。

関連ページ

競馬の種類と違いって?
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬の騎手
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬の馬主について
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬の調教師
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬の名馬
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬のレースの種類
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
馬券の買い方
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬のノミ行為
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。
競馬用語
競馬というのは、競艇、競輪と並んで3大公営ギャンブルの一つで、中でも最も人気のあるスポーツです。馬は人のように意識を高めて走ることはできませんから、結果が見えにくいというのも楽しみ方の一つです。